« 村祭りの衰退を考える | メイン | 「かぐや姫」の住む星へ行くには550億円掛かります »

日本は妖怪国家かもしれない

9/16、天気は不安定ですが稲刈りは進んでいるようです。さてしばらく仕事でブログを離れていました。今週も色々事件がありましたね。
あの安倍首相の突然の辞任会見には驚きました。そしで考えさせられました。 口サガのない人々はやれ敵前然逃亡だの無責任だの、坊ちゃんの弱さを露呈したのと色々言っていましたがあれはあれで精一杯の姿だと思いました。首相就任以来、取り立てた閣僚達の不業績に足を引っ張られてよく来一年努めました。恐らくただならぬストレスだったでしょう。参議院選の敗北も効きました。
元々国会や政党内はいじめや、引き倒しの世界ですから坊ちゃん育ちには絶えられなかったのでしょうか、それとも他に訳があったのでしょうか。彼がよく口にした「美しい日本」は空しく響きますね。日本は決してうつくしい国では無いのです。魑魅魍魎の妖怪の巣くう国家となっているのです。
医師の見立てでは朝青龍の2倍以上のストレス障害だと言うことでした。私は自民党支持ではありませんが人間として安倍さんを可愛そうに思いました。と同時に彼は紛れもない弱い人間だったと思いました。御苦労様でした。ゆっくり休んで下さい。

■最後の記者発表の場面   (東京新聞)
%E9%98%BF%E9%83%A8%E9%A6%96%E7%9B%B8%EF%BC%92.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.roppei.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/48

コメントを投稿

About

2007年09月16日 10:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「村祭りの衰退を考える」です。

次の投稿は「「かぐや姫」の住む星へ行くには550億円掛かります」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページバックナンバーページも見てください。