« 妊産婦、たらい回しの悲劇 | メイン | 場合によっては市民一揆だ »

何だか泣けてくる 歌の文句じゃないけれど

今日は暑かった。33度もいきましたね。松本市内は結構焼けていましたよ。私は酢で味付けてある韓国の冷麺が好きなので大盛りで頂きました。
さて又事件ですね。別に期待していたのではありませんがまたまたやってしまいました、辞任劇。この間(8/27)就任したばかりの遠藤武彦農水相が9/3に辞任しましたね。自身が努めていた農業共済組合の掛け金不正受給と地元山形の自民党の不正献金授受の問題の責任を取って辞任に追い込まれたのです。もうたまりませんね。日本には正義の政治家は居ないのでしょうか…。歌の文句ではありませんが、何だか泣けてきます。
不正受給した金額を返すのどうのという問題ではありません。政治家として性根が根本から腐っているのです。人間としての哲学の欠けらも感じません。二言目には役員を止めたら…それですむというものでもありません。
だけど任命した首相は大変ですね。結局は党の昔からの体質なのでしょうね。テレビを見ていると安倍さんもどうとでもなれ…みたいな感じに見えました。
国民たる私らのすることはただ一つです。よくよく自分の目で見極めて不正の議員には止めて頂く、自民党には一度政府を退いて頂く、そしてやり直せる新政府を作ることだと思います。新政府が出来ても先のことは解りませんが、ここの泥田から抜け出ないと、もうとてもやりきれないのです。

■わが国はどこが大国でしょうか
%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E4%BA%8B%E5%A0%82%EF%BC%97.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.roppei.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/44

コメントを投稿

About

2007年09月03日 22:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「妊産婦、たらい回しの悲劇」です。

次の投稿は「場合によっては市民一揆だ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページバックナンバーページも見てください。