« そば切り発祥の地、本山宿 | メイン | 年金の財源は膨大なイラクへの支援金から出せ »

参議院選挙公示・利権や組織のしがらみで選挙をしてはいけません。

第二十一回参議院選挙戦が始まりました。現在の世相を反映して果たして自民党政府与党は過半数を割ってしまうのか、公明党はいつまで自民党の陰になっているのか、民主党は政権奪取へスタートが切れるのか全国民が注目しています。
さて今年、西暦2007年の正月は希に見る大暖冬気象の中で明けました。我が家では一度も雪をかくことがありませんでした。今年で第二次世界大戦が終わり戦後六十二年目、時代は大きく変わりました。見渡せば大国のエゴをむき出しにして我が物顔で振る舞うアメリカを中心にして世界各国の工業化汚染や大消費時代の垂れ流し、政治の矛盾、人間達の節操のなさが露呈して今や世界中に公害をふりまき、戦争を起こしそのつけが大きく現出してきました。
気象をみても南米沖のエルニーニョ現象によって地球の大気のバランスが壊れ地球の自転公転によって保たれていた暖気と寒気のバランスが大きく狂い始めて北極上空のジェット気流の蛇行軌跡も狂いはじめているのです。詰まり日本上空に冬場の寒気が正常に到着しなくなったのです。私達はこの冬は温かくて燃料も節約でき生活には多少楽をしましたが、物事には反動というものがあるのです。永い目で見るとこれから来る農産物の不作や凶作が怖い…いよいよ食糧難の時代が来るかもしれません。
折しも政局は小泉総理から阿倍総理へと受け継がれましたが相次ぐ閣僚の不謹慎な言動や政務調査費の不正使用、政治資金規正法の網の目をぬって出てくる疑獄事件、また年金が行方不明になったり,片や相変も変わらず企業の偽装事件が起り実に国民を愚弄した事件ばかり目につきます。テレビは毎日何処かで起きる殺人事件を報道し殺伐とした社会を浮き立たせています。加えて大手企業の不祥事や国の不安な政局に国民は腹を立てるやらほとほとうんざりとしています。
大手菓子メーカーの不二屋が不衛生な商品を作り国民を欺き、ミートホープは偽装コロッケを作り、ついこの間は大手のエレベーターメーカーが偽装した鋼板で危ない乗り物を作ってばれました。ガス器具の、リンナイ、パロマ、そして世界的な松下電器などの欠陥器具発覚などはショックでした。しかしこうして今まで巨額の利益をむさぼってきた企業が軒並みその偽善があぶり出されてきているのです。いまやあらゆる企業は市場経済の名の下に「儲け」に走り国民はないがしろにされ、日本人としての誇り高き哲学すらも無くなってしまいました。
かつて大騒ぎになった公共交通機関の脱線転覆事件にしても国民に対する安全をないがしろにして利潤を追求するあまりの人災でした。
ないがしろといえば老人福祉の現場も大変です。若い介護士がその過酷さ不遇に絶えかねて離反を始めています。また公的介護施設が足りないので無認可の収容施設が乱立してその取り扱いの悪さに老人いじめの問題が起きるなど、更にコムスンの様に不正に補助金を騙し取ったり、施設の少なさから在宅看護で疲れ果てて介護者が自殺したり心中したり、実に胸くその悪い話しばかりです。誰にも看取られず死んでいく老人も増える一方です。
また医療の現場も荒れています。医師の不道徳な事件で気になることが多く病気の肝臓の売り買いがされたり医療倫理の欠如が目立ちます。医療保険制度も改変されて我々も老人達の負担も一段と増えました。
更には公平正確な筈のマスメディアも例えば関西テレビのやらせ事件の様に長きにわたり国民を欺きこれまた大不信を買っています。この様に嘘つき列島と化した日本の未来、近未来はどうなるのか、そしてどうしていくのか、今回の選挙では政党、候補者の全てを私達はしっかり見極める必要があります。いいですか!この選挙、利権や組織のしがらみで選挙をしてはいけませんよ。悪徳政治家を出してしまったのは私達の責任なのですからね。
■この子達の未来に何を残せるのか
2005.4.6%E2%91%A0.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.roppei.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9

コメントを投稿

About

2007年07月13日 17:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「そば切り発祥の地、本山宿」です。

次の投稿は「年金の財源は膨大なイラクへの支援金から出せ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページバックナンバーページも見てください。